インカジ@埼玉 さいたま市

違法ネットカジノ店摘発 従業員7人と客ら逮捕(2017/07/20 )

さいたま市の雑居ビルの地下で営業していた違法インターネットカジノ店が摘発され、従業員7人と客らが逮捕されました。

違法インターネットカジノ店「テッカマン」の従業員・隅一信容疑者(53)ら7人は、JR大宮駅近くの雑居ビルの地下でパソコンを使って客にルーレットやバカラなどの賭博をさせた疑いが持たれています。警察によりますと、去年10月、情報提供を受けて捜査を続け、19日、捜査員が店に踏み込んで従業員4人と客5人を現行犯逮捕しました。その後、さらに従業員3人も逮捕されたということです。店は口コミで客を集め、カメラで顔を確認してから入店させるなどして摘発を逃れていました。先月の売り上げは約2500万円で、延べ1500人の客が出入りしていたということです。警察は他にも関わっている人物がいるとみて、売上金の流れなどを調べています。