インカジ@愛知

インカジ@愛知ってどうなの?

インカジの愛知事情はどうなってるのでしょうか?

インカジの事件は後を絶ちません。

オンラインカジノが普及した今オンラインカジノが最低限の防衛と言えます。

愛知のインカジの事件について細かく折っていきたいと思いますが中には私の妄想も入ってますのでご注意ください。

愛知はまだまだ事件の数自体は少ないですが少なからず実在した事件がいくつかあるようなので紹介していきたいと思います。

インカジ@名古屋

インカジ

インカジ

2016年1月18日、愛知県警は名古屋市中区栄のインカジ店獅子丸のインカジ店舗責任者である桂智容疑者(41)と、インカジ従業員7人を賭博開帳図利の疑いで現行犯逮捕。

また、摘発時にインカジ店内で賭博をおこなっていたと見られる客4人も現行犯逮捕した。

逮捕されたインカジ従業員は名古屋市や岐阜県瑞穂市に住む21~45歳の男で、逮捕された客はタイ国籍の女2人と日本人の自営業の男とその店員の女。

逮捕容疑としては、桂容疑者含むインカジ従業員ら8人が、客に換金可能なチップでバカラ賭博をさせ、胴元として利益を得たとされている。

愛知県警によると、桂容疑者含むインカジ従業員5人とインカジ客3人は容疑を認めているが、インカジ従業員3人とインカジ客1人は否認または認否留保をしているとのこと。

現場は、飲食店や風俗店が集まる名古屋でも有数の繁華街の一角にある雑居ビルの地下の一室。

情報元は明らかにはされていないが、「インカジが営業している」との情報をつかんだ愛知県警が内偵捜査を進め、今回の摘発へとつながった。

摘発後、バカラ遊技台・ルーレット台・スロット台の計6台のほか、店側から900万円、客側から300万円の現金が押収された。

売上が暴力団など反社会勢力の資金源になっていた可能性は高く、インカジ運営実態の解明を進めている。

インカジ@豊田

インカジ

インカジ

2016年2月10日、名古屋市中区栄の一角で違法に営業していた複合インカジ店GODが愛知県警により摘発された。

インカジ店舗関係者9人が常習賭博、インカジ客5人が賭博の容疑で現行犯逮捕。

県警の発表によると、インカジ店は高額レートの闇スロットと、バカラ等のインカジを客にさせるタイプの違法賭博店。

また、会員制クラブを装い営業しており、インカジ店舗入り口に設置した監視カメラでインカジ従業員が客の顔を確認し、会員であることをチェックしてから入店させていた。

摘発時、現金900万円・スロット機60台・パソコン10台などが押収された。

逮捕された客の中には暴力団組員もおり、売り上げの一部が暴力団の資金源となっていたと見て、引き続き捜査を進めている。

インカジ@錦

インカジ

インカジ

2015年2月18日、名古屋市中区錦3丁目でインカジ店大吉を営業していたとして、インカジ経営者と名乗る小倉哲容疑者(33)とインカジ従業員の男女9人を賭博開帳図利の疑いで、インカジ客の男性6人を賭博の疑いでそれぞれ現行犯逮捕したと中署が発表。

中署の発表によると、2月18日午前11時頃に小倉容疑者とインカジ従業員9人が共謀し、インカジ店舗内で賭博場を開いたとのこと。

インカジ客にカードを使ったカジノゲーム「バカラ」で換金可能なチップを賭けさせ、場所代等の名目で賭け金の一部を徴収する形だったようだ。

逮捕されたインカジ店側の人間は、小倉容疑者を含めた5人が容疑否認、残り5人は容疑を認めている。

さらに、このインカジ店はビルの5階に位置し、エレベーターがその階で止まらないように設定をした上、入口は電子錠付き三重扉にするという徹底した警戒ぶりだった。

入店するためには、事前にインカジ店の携帯電話に連絡し、監視カメラで身分確認を受けた上でエレベーターに乗り込まなければならない。

愛知県警は同日、インカジ店舗の家宅捜索を実施し、バカラ台6台にくわえスロット台や現金400万円を押収したとのこと。

インカジ店のメモによれば、月7,000万円の売り上げがあったと見られており、この収益が暴力団など反社会勢力の資金源になっていた可能性もあるとして、引き続き捜査を進めている。

オンラインカジノ@クイーンをやって稼いでみよう

登録方法

インカジ

オンラインカジノを始めるにあたって今すぐ登録をしよう。

インカジ

インカジ

メールアドレスと任意のパスワードを入力

オンラインカジノ

オンラインカジノ

各項目を埋めて登録を完成させよう

入金方法につきましてはオンラインカジノ入金方法をみてください