インカジ@北海道

インカジ@北海道ってどうなの?

インカジの北海道事情はどうなってるのでしょうか?

インカジの事件は後を絶ちません。

オンラインカジノが普及した今オンラインカジノが最低限の防衛と言えます。

北海道のインカジの事件について細かく折っていきたいと思いますが中には真偽が問われる内容も入ってますのでご注意ください。

北海道はまだまだ事件の数自体は少ないですが少なからず実在した事件がいくつかあるようなので紹介していきたいと思います。

インカジ@札幌

インカジ

インカジ

札幌中央署は2014年1月25日、賭博開帳図利の疑いで札幌市中央区南5西6のインカジ店バー・ウルルの元インカジ経営者・池原隆一容疑者(37)を現行犯逮捕した。

警察によると、同署に出頭した池原容疑者は2012年12月26日、インカジ従業員ら8人と共謀しインカジ客にバカラをさせて手数料(コミッション)を得ていた疑いがもたれており、同容疑者は「インカジ経営資金を貸してくれる人を紹介しただけ」と容疑を否認しているという。

インカジ店だけにセキュリティーも堅い

また、インカジ店の入口に鉄製二重扉と数台の監視カメラを完備していた。

インカジ店内には1日平均10人が来店。

これまで約3億2,000万円の売り上げを上げていたと見られている。

今回元インカジ経営者が逮捕されたことにより、当事件の逮捕者は計18人になった。

インカジ@函館

インカジ

インカジ

函館署は2012年4月25日、賭博開帳図利の疑いで函館市2-3-3のインカジ店舗吉野家の元インカジ経営者山内容疑者(19)を現行犯逮捕した。

警察によると、同署に出頭した山内容疑者は2011年5月12日、インカジ従業員ら2人と共謀しインカジ客にバカラをさせて手数料を得ていた疑いがもたれており、同容疑者は「インカジ経営資金を貸してくれる人を紹介しただけ」と容疑を否認。

約2000万円の売り上げがあった

また、インカジ店の入口に鉄製二重扉と数台の監視カメラを完備し、インカジ店内には1日平均1人が来店、これまで約2,000万円の売り上げを上げていたと見られている。

今回元インカジ経営者が逮捕されたことにより、当事件の逮捕者は計3人になった。

インカジ@ススキノ

インカジ

インカジ

北海道は北見市でインカジを経営したタイ人が逮捕されるという珍事が起きたと思います。

これは真実ではありませんが、きっとこれは将来に起こる話なので書いていきたいと思います。

北見署は2018年3月21日北見市2丁目の吉澤イナバウアー選手を賭博罪で逮捕しました。逮捕容疑はインカジを経営しようと目論んだ罪です。そんな罪本当にあるのでしょうか?

このインカジ店は3ヶ月で300円の売り上げ

兎にも角にも北見市のイナバウアー選手はインカジ容疑で逮捕されてしまいます。

他にも内部で賭博行為をしていたインカジ常連客2000人についても逮捕しています。売り上げは3ヶ月で300円だったそうです。

これは日本では最大級の逮捕でただの私の嘘でございます。オンラインカジノアプリもとにかく流行っておりますがオンラインカジノはどうなんですかね?もちろんお金をかけるオンラインカジノも存在しますが、仮想通貨でやるオンラインカジノもあると思います。

オンラインカジノ@クイーンをやって稼いでみよう

登録方法

インカジ

オンラインカジノを始めるにあたって今すぐ登録をしよう。

インカジ

インカジ

メールアドレスと任意のパスワードを入力

オンラインカジノ

オンラインカジノ

各項目を埋めて登録を完成させよう

入金方法につきましてはオンラインカジノ入金方法をみてください