インカジ@茨城県

インカジ@茨城ってどうなの?

インカジの茨城事情はどうなってるのでしょうか?

インカジの事件は後を絶ちません。

オンラインカジノが普及した今オンラインカジノが最低限の防衛と言えます。

茨城のインカジの事件について細かく折っていきたいと思いますが中には私の妄想も入ってますのでご注意ください。

茨城はまだまだ事件の数自体は少ないですが少なからず実在した事件がいくつかあるようなので紹介していきたいと思います。

インカジ@土浦

インカジ

インカジ

ゲーム機を使って客に賭博をさせていた疑い

茨城県阿見町でポーカーゲーム機などを使って客に賭博をさせていたなどとして、店の経営者の男ら5人が逮捕されました。
常習賭博の疑いなどで逮捕されたのは、茨城県土浦市の賭博店「KK」経営者の湯原勝博(37)容疑者ら5人です。湯原容疑者らは、今年9月の下旬から茨城県阿見町のビル2階の店舗で、ゲーム機を使って客に賭博をさせていた疑いが持たれています。

湯原容疑者ら4人は容疑を認めているということですが、1人は容疑を一部否認

調べによりますと、湯原容疑者らは今年7月初旬から営業をはじめていて、店内にはポーカーゲーム機など9台が設置してあり、1日に平均6、7人の客が来ていたということです。
調べに対し、湯原容疑者ら4人は容疑を認めているということですが、1人は容疑を一部否認しているということです。

インカジ@水戸

インカジ

インカジ

2015年10月24日、タイ警察は、覚せい剤約2.3キログラムを販売目的で所持していたとして日本人を逮捕した。また、釈放取引のために現金を持参した関係者3人も合わせて逮捕したと、タイメディアが一斉に報じた。

覚せい剤所持で逮捕されたのは、茨城県出身の板倉大容疑者(34才)で、タイ警察のおとり捜査官が容疑者と接触。23日待ち合わせた飲食店に現れたところを逮捕した。

取調中に300万バーツ(約1000万円)の賄賂で釈放を持ちかけた

また、板倉容疑者は取調中に300万バーツ(約1000万円)の賄賂で釈放を持ちかけた。現金を持って警察に現れたヨネダ・ツネオ49歳、マツモト・リョウヘイ52歳、アカギ・ツトム50歳ら3人の日本人男性も逮捕した。いずれも容疑を否認しているという。

タイの警察が評判悪い理由に、賄賂の授受が横行しているという事がある。中には、検問中に警察官自らが、覚せい剤を忍ばせてあたかも所持していたかのようにでっち上げる例もある。

また、今回の容疑者が取ったように多額の賄賂で事件のもみ消しが行われる事も例外ではない。特に富俗層が被疑者になった場合は、例え明らかに過失が認められても、無罪になるケースが後を絶たない。

警察による夜間の検問や路上での職務質問などが強化されているが、軍政下で旧来のみかじめ料的な収入が減っているために小遣いを稼いでいるというのが一般的な見方だ。

タイでの麻薬関連の犯罪は殺人よりも重罪

タイでの麻薬関連の犯罪は殺人よりも重罪とされ、特に販売目的所持で起訴された場合、死刑、終身刑、50年の懲役刑等が科される。

オンラインカジノ@クイーンをやって稼いでみよう

登録方法

インカジ

オンラインカジノを始めるにあたって今すぐ登録をしよう。

インカジ

インカジ

メールアドレスと任意のパスワードを入力

オンラインカジノ

オンラインカジノ

各項目を埋めて登録を完成させよう

入金方法につきましてはオンラインカジノ入金方法をみてください