インカジ@沖縄

インカジ@沖縄ってどうなの?

インカジの沖縄事情はどうなってるのでしょうか?インカジの事件は後を絶ちません。オンラインカジノが普及した今オンラインカジノが最低限の防衛と言えます。沖縄のインカジの事件について細かくおっていきたいと思います。沖縄はまだまだ事件の数自体は少ないですが、観光地として注目され那覇や石垣島、座間味島や渡嘉敷島や宮古島など沖縄旅行といえば離島も外せません。国際通りや松山にも潜んでそうですね。どこでインカジ事件が起きてるのかまとめてみました。

インカジ@那覇

インカジ

インカジ

県警本部生活保安課や那覇署などの合同捜査班は3日、「バカラ」と呼ばれるトランプゲームで金銭を賭けさせ、違法に利益を得ていたとして、賭博場開張等図利(とり)などの疑いで那覇市松山のカジノクラブ「アミューズメントクラブ ベラージオ」に強制捜査に入り、同容疑の現行犯で従業員9人を賭博の疑いで現行犯逮捕した。利用客からも事情を聴いており、同容疑で書類送検する方針。県警は暴力団関係者が関与している可能性もあるとみて、同店の経営状況などを調べている。
従業員の逮捕容疑は、3日午後7時30分ごろ、那覇市松山の同店内で、トランプを使用するバカラ賭博を客にさせていた疑い。

バカラ賭博で使用していたとみられる遊技台などを押収

関係者によると、同店はバカラと呼ばれるトランプゲームで客から賭け金代わりにチップ代金を受け取り、不法に利益を得た疑いがあるという。
強制捜査は、捜査員約70人が午後7時30分ごろに着手。従業員を現行犯逮捕し、同時に家宅捜索を約5時間実施してバカラ賭博で使用していたとみられる遊技台などを押収した。
県警は一般からの情報を得て2009年末ごろから捜査を開始。内偵捜査で賭博が恒常的に行われていることを確認し、強制捜査に踏み切った。
同店の利用客の1人は「一晩で200万~300万円賭ける人もいた。客はお金のある中年の人が多かった」と話した。

ゲーム賭博@沖縄

インカジ

インカジ

沖縄市内のゲーム喫茶が、中学生らにスロットマシンによる賭博をさせていることが明らかになった。
5月初めには宜野湾市のゲームセンターで高校生らにマシン賭博をさせていたとして、店の経営者が常習賭博の容疑で逮捕されたばかりである。

宜野湾市のゲームセンターで高校生らにマシン賭博をさせていた

捜査当局は、違法行為を続けているゲーム喫茶などに対する取り締まりを徹底し、中高校生がばくちに手を染める機会を断ち切ってもらいたい。
沖縄市のゲーム喫茶では、スロットマシン約10台と花札などのテーブルゲーム機を設置し、制服姿の中高校生に賭博をさせていた。いずれも1ゲーム100円。スロットマシンは当たりが出て高得点を獲得するとコインが出る仕組みになっており、コイン1枚につき500円で換金していた。

中学生の間では、この店で賭けができることが口コミで広がっている

「中学生も高校生も学校帰りにやっている。1万円とか2万円勝った友達もいる。違法とは知らなかった」と言う中学生。14台のスロットマシンを設置する沖縄市内の別のゲームセンターでも、1回100円で、高得点を稼ぐとコインが出るようにし、コイン1枚を500円に換金している。
沖縄市教育委員会は23日に市内全23の小中学校の校長を集めた緊急会議を開き(1)中学校でのアンケート調査による実態の把握(2)小学校での校長の訓話、学級単位による指導―の実施を決めている。

オンラインカジノ@クイーンをやって稼いでみよう

登録方法

インカジ

オンラインカジノを始めるにあたって今すぐ登録をしよう。

インカジ

インカジ

メールアドレスと任意のパスワードを入力

オンラインカジノ

オンラインカジノ

各項目を埋めて登録を完成させよう

入金方法につきましてはオンラインカジノ入金方法をみてください