インカジ@埼玉

インカジ@埼玉ってどうなの?

インカジっていうと結構繁華街が多いイメージですよね。埼玉県にもインカジがありそうですね。インカジの埼玉事情はどうなってるのでしょうか?インカジの事件は後を絶ちません。オンラインカジノが普及した今オンラインカジノが最低限の防衛と言えます。

インカジ@さいたま

インカジ

インカジ

さいたま市のカジノ店で賭博をしたとして従業員の男ら7人が逮捕されました。カジノ店は、1か月で2500万円ほどを売り上げていたということです。

1か月で2500万円ほどを売り上げていた

逮捕されたのは、さいたま市大宮区のカジノ店「テッカマン」の従業員・隅一信容疑者(53)ら7人で、今年3月から5月までの間、店に設置したパソコンでルーレットやポーカーなどと称するゲームを客に提供し、賭博をした疑いなどが持たれています。警察は、7人の認否を明らかにしていません。

6月の売り上げはおよそ1億5、000万円

警察によりますと、カジノ店の6月の売り上げはおよそ1億5、000万円で、1か月で、延べ1500人あまりの客が出入りしていたということです。警察は、売り上げた金の流れなどを詳しく調べています。

インカジ@大宮

インカジ

インカジ

闇スロット 賭博容疑で組員ら6人逮捕

自宅にスロットマシンを設置して賭博場を開いたなどとして、埼玉県警大宮署と県警組織犯罪対策本部は26日、賭博開帳図利などの現行犯で、さいたま市北区宮原町の自称建築業、高田竜嗣容疑者(31)と、鴻巣市笠原の指定暴力団山口組系組員、鯨井公司容疑者(31)ら計6人を逮捕した。

高田容疑者らは容疑を認めているが、鯨井容疑者らは否認しているという。大宮署の調べでは、高田容疑者ら3人は25日午後11時35分ごろ、高田容疑者の自宅の1室にスロットマシン10台を設置して賭博場を開き、他の3人はそこで現金を賭けて賭博行為をした疑い。

1日に10万~30万円の利益があった

高田容疑者らは今年4月下旬ごろから賭博場を開いており、1日に10万~30万円の利益があったという。大宮署は常連客がほかにも数人いるとみて調べている。

インカジ@川口

インカジ

インカジ

埼玉県警生活環境1課や川口署などは24日、賭博開張等図利の疑いで、 川口市西川口、カジノバー「ルクソール」経営、矢口広司容疑者(39)と、 同店元従業員の水野晃(37)、畑野優作(26)の2容疑者を逮捕した。生活環境1課の調べでは、矢口容疑者らは11日午後2時ごろ、共謀して同店で賭博場を開き、会社役員の男性(66)ら複数人に バカラ賭博をさせ、手数料を徴収した疑いが持たれている。

月約6億円分のチップの換金があったとみている

生活環境1課によると、同店は昨年5月から矢口容疑者が経営し、 年中無休の24時間営業だった。同課では、同店が一日約2000万円、 月約6億円分のチップの換金があったとみている。 同課が11日に家宅捜索した際には、バカラ賭博をする台が4台あり、 従業員12人と中国人などを含む客25人がおり、現金約800万円を押収したという。

オンラインカジノ@クイーンをやって稼いでみよう

登録方法

インカジ

オンラインカジノを始めるにあたって今すぐ登録をしよう。

インカジ

インカジ

メールアドレスと任意のパスワードを入力

オンラインカジノ

オンラインカジノ

各項目を埋めて登録を完成させよう

入金方法につきましてはオンラインカジノ入金方法をみてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする