インカジ@東京

インカジ@東京ってどうなの?

インカジの東京事情はどうなってるのでしょうか?

インカジの事件は後を絶ちません。

オンラインカジノが普及した今オンラインカジノが最低限の防衛と言えます。

東京のインカジの事件について細かくおっていきたいと思います。

東京はインカジについての事件が後を絶たず、歌舞伎町・錦糸町・六本木・銀座・新橋・渋谷・新宿・池袋・上野などは必ずインカジが存在していると思って間違いないでしょう。

インカジで逮捕・摘発はザラなのでインカジは行かないようにしましょう。

インカジ@新宿,歌舞伎町

インカジ

インカジ

「違法営業の裏カジノ店」と知りながら賃料を受け取っていたビルオーナーを逮捕

新宿・歌舞伎町のビルの一室を、「違法営業の裏カジノ店」と知りながら賃料を受け取っていたとして、警視庁保安課は、1月21日、ビル管理会社「リ―企業」の代表者ら2名を逮捕した。

この事件が、今、貸しビル業者間に波紋を広げている。なにしろ、容疑が暴力団など反社会的勢力を対象とした組織犯罪処罰法違反だったからだ。

繁華街に多数のビルを所有、風俗関係に店を貸すことも多い貸しビル業者が悩む。

「反社が『裏カジノや売春の拠点にするから』と、店を借りに来るわけがない。そもそも経営者や店長はただの捨て駒で、裏に誰がいるのかもわからない。貸したことが違法収益になり、逮捕までされたら商売なんてできない」

ロボットカジノ、ビルオーナーの逮捕はどちらも全国初

今回の事件のきっかけは、2014年11月、ロボットがディーラーとなる「ロボットカジノ」の「アトム」という店が、常習賭博で摘発されたのがきっかけだった。そして組織犯罪処罰法による「大家」の摘発も全国初である。

ロボットが伸縮自在のアームを使ってカードを配るという意外性がウケて、この種の店が多くなり、それに目をつけた警察が摘発。事件は、「初物」ということで、マスコミに大きく報じられる。

それがビル管理業者の犯罪につながったのは、従業員がビル管理会社の代表に、違法カジノの営業を疑っているメールを送り、それを代表が無視したのが原因である。家宅捜索の過程で携帯電話が押収され、メールが発見された。

ただ、現実問題として、幾つものテナントを持ち、現場にいるわけでもない代表が、メールを見逃すか、「たいしたことはない」と放置することもあるわけで、それをもって「犯罪収益と認識していた」と、断定するには無理がある。

あっさりと認めたのは、過去の事例から考えて、逮捕拘留までされるとは考えていなかったからではないか。

犯罪収益に加担したことは事実であり、「知らなかった」という言い訳は通らない。そして、法律が初適用され、逮捕にまで至ったということは、今後、他の貸しビル業者にも同じことがありうる。

犯罪というなら、その入口の「違法業者」を見つけるノウハウをどう確立するのか。それに警察は手を貸すのか。

インカジ@江東,錦糸町

インカジ

インカジ

JR錦糸町駅(東京都墨田区)近くの雑居ビルでバカラ賭博店を開いたとして、警視庁組織犯罪対策4課は、賭博開帳図利の疑いで、店の責任者で無職、西川潤容疑者(36)=墨田区錦糸=を現行犯逮捕。ほかに20~50代の従業員11人を同幇助容疑で、店にいた20~60代の客15人を賭博容疑でそれぞれ現行犯逮捕した。

1カ月で6千万円を売り上げていた

組対4課によると、店は昨年7月ごろから都内を転々としながら営業。今年4月には1カ月で6千万円を売り上げていたとみられ、一部が暴力団の資金源になった可能性もあるとみて捜査している。

逮捕容疑は、今年5月16日、墨田区江東橋の雑居ビル8階で、バカラ賭博を開いたとしている。店の従業員が操作しないとエレベーターが8階に停止しない仕組みになっていた。

インカジ@文京,上野

インカジ

インカジ

東京・上野のビルでインターネットカジノ店を経営し、客と賭博をしたとして経営者の男ら3人が逮捕された。

常習賭博の疑いで逮捕されたのは、インターネットカジノ賭博店「MICKEY」の経営者・笹子智久容疑者(39)と従業員の計男3人。

4か月間で3000万円ほどの利益を得ていた

警視庁によると、笹子容疑者らは先月、台東区上野のビルでパソコン13台を設置し、インターネットを通じて客と賭博をした疑いが持たれている。店では海外のカジノサイトのライブ映像でバカラ賭博など1000を超えるゲームができて、1日に50人ほどが訪れていたという。

調べに対し、3人は「金もうけがしたかった」などと容疑を認めていて、警視庁は店が4か月間で3000万円ほどの利益を得ていたとみて調べている。

インカジ@港区,六本木,インカジ@港区,赤坂

インカジ

インカジ

横浜市内で客にバカラ賭博をさせたとして、カジノ店店長の南欽法(よしのり)容疑者(49)=横浜市=と従業員、客の男女計16人が、賭博開帳図利容疑などで逮捕された。南容疑者らは3カ月間で約4億5000万円を稼いでいたとみられており、カジノ店の入り口には重さ約1トンの鋼鉄製の扉が設置されていたという。朝日新聞などが伝えた。

カジノ店の入り口には重さ約1トンの鋼鉄製の扉が設置

同紙やNHKによると、逮捕されたのは南容疑者と従業員の合わせて11人と、客5人の計16人。横浜市中区福富町の雑居ビル2階で、バカラ台2台を使いバカラ賭博が行われていたという。店は完全招待制で、紹介がなければ入店できない仕組みで、入り口には摘発時に時間を稼ぐためとみられる重さ約1トンの鋼鉄製の扉が設置されていたという。

「友達が2000万円負けて、トラブルになっている」と警察に通報

南容疑者らは、東京・赤坂の雑居ビルでカジノ店を営業していたが、日本テレビによると、昨年12月、客から「友達が2000万円負けて、トラブルになっている」と警察に通報があった。警察が駆け付けたが、店は既に引き払われていたという。その後、店は六本木のタワーマンション内に移転、さらに横浜に移っていたという。

バカラ賭博はトランプを使って行われる賭博で、高額な金を賭けることが多いという。バンカーとプレイヤーの2人による勝負で、どちらが勝つかを客が予想するもの。日本ではバカラ賭博を含め、賭博は刑法で禁じられている。

オンラインカジノ@クイーンをやって稼いでみよう

登録方法

インカジ

オンラインカジノを始めるにあたって今すぐ登録をしよう。

インカジ

インカジ

メールアドレスと任意のパスワードを入力

オンラインカジノ

オンラインカジノ

各項目を埋めて登録を完成させよう

入金方法につきましてはオンラインカジノ入金方法をみてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする