インカジ@和歌山

インカジ@和歌山ってどうなの?

和歌山といえばみかんが美味しいですね。そのほかにも夏になれば近畿地方から多くの海水浴客が集まり白浜などは言わずと知れた名スポットでもあります。温泉街などもあり、行楽施設が多いイメージですがインカジの方はどうなんでしょうか?梅とみかんの無料サービス、みかんジュース飲み放題なんてシステムで集客しててもなんら不思議ではないですね。それでは今回も和歌山にスポットを当てて掘り下げていきたいと思います。

インカジ@和歌山

インカジ

インカジ

和歌山市の雑居ビルで、客にバカラ賭博をさせていたとして、店の店長と従業員合わせて7人が逮捕され、警察は経営の実態について詳しく調べています。

現金およそ850万円を押収

逮捕されたのは、和歌山市友田町「Member’sClubJ」の店長、湖山順三こと、盧順三容疑者(43)と店の従業員6人の合わせて7人です。警察の調べによりますと、盧容疑者らは14日午前5時すぎ、店内で客にトランプを使ったバカラ賭博をさせ、手数料を受け取っていた疑いが持たれています。 警察は、店の捜索を行い、盧容疑者らをその場で逮捕するとともに、 バカラ台2台やトランプ、チップのほか、現金およそ850万円を押収しました。

警察の調べに対し、盧容疑者らは容疑を認めているということで、警察では おととし12月ごろから2年近くにわたって賭博を行っていたとみて 経営の実態について詳しく調べています。

インカジ@和歌山

インカジ

インカジ

和歌山県警・生活環境課、組織犯罪対策課、和歌山東警察署は17日までに、和歌山市内でパソコンなどを使って現金を賭けさせる、違法なインターネットカジノ賭博をしたとして、ネットカジノ店経営者の男と従業員、それに客のあわせて5人を常習賭博などの疑いで逮捕しました。

用心棒代の、みかじめ料を受け取った

またこの経営者から、用心棒代の、みかじめ料を受け取ったとして、暴力団組長と組員ら5人を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕しました。警察の調べによりますと、和歌山市吉田の川上依宣(かわかみ・よりのぶ)容疑者68歳は従業員3人と、和歌山市北ノ新地下六軒丁(しもろっけんちょう)で経営するメンバースクラブ・ハンターで、店内に設置したパソコンを使って客に現金を賭けさせ、平成25年から国内での賭博行為をした疑いです。5人は容疑を認めています。また川上容疑者から、みかじめ料として、あわせて9万円を受け取ったとして、和歌山市谷町の山口組系暴力団組長・坂上浩二(さかがみ・こうじ)容疑者49歳と組員らあわせて5人を逮捕しました。坂上容疑者ら2人は容疑の一部を否認し、3人は容疑を否認しています。警察は、カジノ賭博を内偵捜査で検挙し、捜査のなかで、みかじめ料受け取りの事実がわかったとしています

オンラインカジノ@クイーンをやって稼いでみよう

登録方法

インカジ

オンラインカジノを始めるにあたって今すぐ登録をしよう。

インカジ

インカジ

メールアドレスと任意のパスワードを入力

オンラインカジノ

オンラインカジノ

各項目を埋めて登録を完成させよう

入金方法につきましてはオンラインカジノ入金方法をみてください